ガン

年齢による腸内フローラの変化と高齢者に大腸ガンが多い理由|加齢と大腸ガン予防

腸内フローラのバランス

上記グラフは、健康なヒトの腸の変化を年齢ごとに色分けしたものです。

 

見てもらうと分かる通り、「老年期」になるとビフィズス菌の数がグンと減っていて、悪玉菌の代表格であるウェルシュ菌が急増していることが分かります。

ビフィズス菌量だけでは、成年期には「100億個」あったものが、老年期になると「1億個」と1/100になってしまっていますよね。

老年期に大腸菌らの悪い菌が増えるのは、善玉菌であるビフィズス菌が極端に減ってしまうことで起こります。

 

誰でも加齢によって腸内フローラが悪いほうへ変化してしまうため、逆に言い換えれば「より外部から善玉菌を摂ってあげる必要がある」と言えるでしょう。

高齢者に大腸ガンを発症する人が多いのは、「高齢になるとビフィズス菌が減って大腸菌が増えるから」なのです。

大腸ガンは大腸菌が増殖することで発症率が上がる

参照ページ:腸に住んでいるある平凡な細菌によって大腸がんは引き起こされる!

慶応義塾大学の方が翻訳した海外の医学論文には

  • 「腸内細菌」叢のバランスを崩し、大腸菌などのある特定の細菌が増殖することが大腸「がん」の発生に重要である

と書かれています。

つまり、「腸内細菌のバランスが崩れて大腸菌が増殖してしまうと、大腸ガンのリスクが上がる」ということがいえますね。

 

大腸菌ら悪玉菌は、増殖して優位にならない限りは、普段悪さをすることはありません。

しかし、善玉菌が減ってしまい大腸菌を抑えることができなくなると、とたんに増殖して腸内に炎症をおこしたり、有害物質を作ってカラダに悪い影響をおこします。

そうならないためには、大腸ガンのリスクを下げるためには「加齢によって偏った腸内細菌のバランスを戻す」ことが大切です。

腸内のビフィズス菌が減るわけですから、外部からビフィズス菌を摂って勢力を強めてあげましょう。

ビフィズス菌を摂って大腸ガン予防しよう

大腸ガンの予防に働いてくれるのは「ビフィズス菌」です。

年齢を重ねるごとに減っていくビフィズス菌を体外から補ってあげることが大腸菌を減らすことに繋がり、しいては大腸ガンの予防になります。

 

ちなみに、ビフィズス菌は酸素がある小腸では生きられない嫌気性のため、大腸におもに生息します。

反対によく耳にする乳酸菌は、酸素がある場所でも生きられる好気性なので、小腸に生息しています。

 

大腸ガン予防には、乳酸菌よりもビフィズス菌を増やす必要があるので、「ビフィズス菌が入った食品・サプリメント」を摂ることが大切ですね。

(乳酸菌サプリにもビフィズス菌メインのものがある、よく確認して購入しよう)

最近は「安い・早い・うまい」と三拍子そろったファストフード店がたくさんあります。

しかし、食生活が偏ってしまうことで、年齢が若いのに腸内環境が悪化している人が増えています。

牛丼屋にいってもサラダを食べるとか、朝食にはヨーグルトを摂るなど、腸を気遣った食事を普段から心がけましょう。

あなたにピッタリの乳酸菌サプリを見つけましょう

「便秘を治したい、お腹に不調を感じる、肌荒れがひどい・・・」

そんな腸内環境の悪化が原因でおこる症状に悩んでいる方には「乳酸菌サプリ」をオススメします。

腸内の乱れがカラダに及ぼす影響力は思っているよりもはるかに大きいので、乳酸菌を取り入れて元気な腸を取り戻しましょう。

⇒【2019年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

自分で言うのもなんですが、私の腸は最弱でした。

子供の頃から腹痛や便秘・下痢に悩まされていましたが、乳酸菌サプリを飲むようになって、ようやく人並みの腸を手に入れることができました。

でも、そんな自分だからこそ乳酸菌の素晴らしさに気付けたとも思っています。ぜひ菌のパワーを実感してみてください。