肌荒れ・ニキビ

便秘は美肌の大敵!腸内の悪玉菌を減らして肌をキレイに保とう!

美肌 便秘

「ちゃんと洗顔して保湿してるのに…肌荒れがいっこうに治らない…」

「よく吹き出物やニキビができちゃう…どうしたら肌を綺麗に保てるの…」

 

肌荒れの原因はよく「食生活・睡眠不足・ストレス」と言われています。

ただ、これらに気を付けても吹き出物やニキビができてしまう場合は、「腸内環境」を見直してみることも必要でしょう。

 

私は鼻ニキビに長いこと悩んでいましたが、腸内フローラの改善に取り組んでから、全く新しいニキビはできていません。

洗顔や化粧水、枕に敷くタオルなど色々なことをしてきましたが、外部的なものが原因だったのではなく、腸内の乱れが鼻ニキビを作り出していたのです。

便秘になると有害物質が肌に悪影響を与える

女性は男性よりも

  • 腸が長い
  • 筋力が少ない(腹筋)
  • 生理でホルモンバランスが乱れやすい

といった理由があり、便秘に悩まされることが多くなります。

そして、実はその便秘が肌には大敵なのです。

 

便秘になると「腐った食べ物が悪玉菌のエサ」になり、悪玉菌が増殖して有害物質がたくさん作られるようになります。

そして腸の粘膜にある毛細血管が有害物質を取り込んでしまい、血液を通って全身に運ばれてしまうのです。

これが皮膚から排出されると、肌のターンオーバーを乱してニキビを作ったり、吹き出物などの肌トラブルとなって表れてきます。

 

どれだけ洗顔を頑張っても美容液をつけても、腸内環境が悪化していると「いつまで経っても肌荒れが治らない」という悪循環になってしまいます。

腸内をキレイに保って肌もキレイにしよう

便秘を解消して悪玉菌を減らすには、「乳酸菌とビフィズス菌」が役立ってくれます。

乳酸菌やビフィズス菌には「整腸作用」があるため、便秘を解消してくれると共に、悪玉菌が繁殖しにくい腸内環境を作ってくれるからです。

 

また、乳酸菌を摂るのと一緒に「食物繊維」をしっかりと食事から摂って、確実に便秘解消できるようにしましょう。

食物繊維は便を柔らかくしてくれるので、排便を助けてくれる栄養素です。(野菜に入ってる)

乳酸菌とビフィズス菌には「保湿効果」「新陳代謝の向上」と嬉しい作用もある

乳酸菌が糖から作り出す「多糖類」には、肌のバリア機能を高めたり、乱れた新陳代謝を正常に戻す作用があります。

肌のターンオーバーが乱れると肌荒れに繋がるため、ヨーグルトに入っているネバネバした多糖類は美容効果があるわけですね。

 

また、ビフィズス菌をとると「乾燥時期でも肌の水分量が維持できた」という研究データが出ています。

ビフィズス菌を日常的に摂っていれば、肌の乾燥を抑える保湿効果が期待できるのです。

 

乳酸菌やビフィズス菌は便秘を解消してくれる善玉菌ですが、ほかにも美容に嬉しい効果も持っているわけですね。

そのため、たとえ便秘症状が改善されたとしても、これらの菌を継続的に摂って、美肌づくりに役立ててもらえたらと思います。

毎日ヨーグルトを食べたり乳酸菌サプリメントを飲むようにして、健康でキレイなカラダを手に入れましょう。

あなたにピッタリの乳酸菌サプリを見つけましょう

「便秘を治したい、お腹に不調を感じる、肌荒れがひどい・・・」

そんな腸内環境の悪化が原因でおこる症状に悩んでいる方には「乳酸菌サプリ」をオススメします。

腸内の乱れがカラダに及ぼす影響力は思っているよりもはるかに大きいので、乳酸菌を取り入れて元気な腸を取り戻しましょう。

⇒【2019年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

自分で言うのもなんですが、私の腸は最弱でした。

子供の頃から腹痛や便秘・下痢に悩まされていましたが、乳酸菌サプリを飲むようになって、ようやく人並みの腸を手に入れることができました。

でも、そんな自分だからこそ乳酸菌の素晴らしさに気付けたとも思っています。ぜひ菌のパワーを実感してみてください。