乳酸菌の種類

乳酸菌シロタ株の特徴|善玉菌を3倍に増やして悪玉菌を5分の1に減らす

乳酸菌シロタ株

乳酸菌シロタ株、よく見かける名前の善玉菌です。

この乳酸菌は、有名な乳酸菌飲料「ヤクルト」に入っていて、古くから整腸作用が高い菌として使われてきました。

ヤクルトが特許を出願しているため、他の会社の商品では摂ることができません。

しかし、スーパーやインターネット通販など、幅広いところで乳酸菌シロタ株入りの商品を買うことができるため、手に入りやすいのは嬉しいですね。

【乳酸菌シロタ株の特徴】

  • 胃酸や胆汁に強く、生きたまま腸に届く
  • 善玉菌を増やして悪玉菌を減らす「腸内改善効果」が高い
  • 腸内フローラを整えて「便秘予防・解消」に働く
  • 腸内を弱酸性に保ち、免疫力を強化する
  • 免疫バランスを整えて花粉症の症状を軽減する
  • 大腸ガンを予防する

乳酸菌シロタ株は、腸内の「善玉菌を3倍に、悪玉菌は5分の1に」

乳酸菌シロタ株を使った実験では、ほかの菌よりも高い整腸作用が認められました。

 

【実験内容とデータ】

シロタ株を4週間にわたって1日100億個以上とってもらったところ、摂取していない時期と比べると

  • 腸内のビフィズス菌が3倍に増えた
  • 腸内の悪玉菌は5分の1に減った

というデータが出ました。

 

ん・・・「100億個ってものすごい量なんじゃないの?実現できないと意味がないのに・・・」と思いますよね。

でも、スーパーに売っているヤクルトには、NEWヤクルトで1本200億個、ヤクルト400では1本400億個の乳酸菌シロタ株が含まれています。

小分けになった小さな飲料1本で簡単に摂れる量なので、だれでもこの実験のような効果が期待できるわけです。

余談ですが、あのヤクルトに数百億個も菌が入っていることは調べるまで知らなかったため、私自身かなり驚きました(笑)

味も甘くなってて子供でも飲めるので、毎日続けるにはピッタリですね。

シロタ株は免疫バランスを整える力もある

シロタ株には、免疫バランスを調整して「アレルギー症状を軽減する力」もあります。

アレルギー症状は、免疫系の「Th1細胞とTh2細胞」関係していて、このうちTh2細胞が増殖してバランスが崩れることで起こります。

シロタ株は、Th1細胞に働きかけて「Th2に偏っている免疫バランスを調整してくれる」ため、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑えられるのです。

 

現代の人は「殺菌や抗菌など細菌に触れない生活」を送ってるせいで、Th2細胞が優位になってしまっている傾向にあります。

子供の頃から自然に触れることが少なかったり、綺麗すぎる家に住んでいると、アレルギーを発症しやすくなってしまうわけです。

ただ、大人に成長した後であっても、免疫バランスを正常に保つことはできます。

そのため、アレルギー症状を感じる場合はシロタ株を積極的に摂るようにしたほうがいいでしょう。

花粉症じゃないとしても、乳酸菌シロタ株が体内に悪さをすることはなく、様々な健康効果を与えてくれます。

そのため、健康なカラダ作りの一環として、普段から乳酸菌シロタ株を摂っておいたほうがいいかと思います。

カラダに不調が出てからじゃ遅いこともありますからね。

あなたにピッタリの乳酸菌サプリを見つけましょう

「便秘を治したい、お腹に不調を感じる、肌荒れがひどい・・・」

そんな腸内環境の悪化が原因でおこる症状に悩んでいる方には「乳酸菌サプリ」をオススメします。

腸内の乱れがカラダに及ぼす影響力は思っているよりもはるかに大きいので、乳酸菌を取り入れて元気な腸を取り戻しましょう。

⇒【2019年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

自分で言うのもなんですが、私の腸は最弱でした。

子供の頃から腹痛や便秘・下痢に悩まされていましたが、乳酸菌サプリを飲むようになって、ようやく人並みの腸を手に入れることができました。

でも、そんな自分だからこそ乳酸菌の素晴らしさに気付けたとも思っています。ぜひ菌のパワーを実感してみてください。