乳酸菌の種類

ラクトバチルスLS1菌の効果|歯周病の原因になる悪玉菌を殺菌・口臭を軽減

ラクトバチルスLS菌

ラクトバチルス属のLS1菌は、「口の中にいる善玉菌」です。

LS1菌は、歯周病の原因になる悪玉菌(ジンジバリス菌)を殺菌してくれるため、「歯周病の改善」「口臭の軽減」に作用してくれます。

LS1菌の歯周病・口臭に対する絶大な効果

私たちの口の中には、腸内と同じように善玉菌と悪玉菌が住んでいます。

名前のとおり、善玉菌は口の中を健康な状態に保つ働きがあって、悪玉菌は歯周病や口臭の原因になる悪い菌です。

LS1菌は、人の口の中にいる善玉菌なので、培養されたLS1菌を摂ることは、口の中の健康を保つことに繋がります。

 

「ヨーグルトで歯磨きすると口臭予防になる」と言われていますが、これは口の中に善玉菌を増やすことで、対になる悪玉菌を減らすことができるからです。

悪玉菌が口内から減れば、歯周病が改善されて、口臭が減るというわけですね。

 

【LS1菌を使った実験】

歯周病の原因となる悪玉菌にはいくつもの種類がありますが、特に病原性が高いのは「ジンジバリス菌」です。

そのため、LS1菌とジンジバリス菌を混ぜて一緒に培養し、ジンジバリス菌の数がどのように変化するかで、口の中に与えるLS1菌の影響を確かめました。

結果は、LS1菌の菌数がジンジバリス菌のわずか100万分の1しかいない場合でも、「ジンジバリス菌が完全にいなくなった」とのデータが出ました。

・・・凄すぎますね(笑)

LS1菌は乳酸菌なため、乳酸という酸性物質を作り出しますが、この酸がジンジバリス菌を死滅させたのです。

とはいえ、わずか100万分の1の数でも圧倒的な殺菌力・・・LS1菌が入ったヨーグルトを食べれば、歯周病予防になることがこの実験データから分かりますね!

 

また、別の実験では「口臭アリ」と測定器で診断された人にLS1菌を8週間服用してもらったところ、被験者の約66%から「口臭が消えた」ことが確認されました。

口臭は、胃や腸の状態でも変化するため、100%の人の口臭が消えたわけではありませんが、おもに口の中が口臭の原因となっている場合は、効果を期待していいんじゃないでしょうか?

製薬会社のライオンが販売している歯磨き粉「デンターシステマ」には、LS1菌が入っているためオススメです。

歯周病や口臭が気になる方は、ぜひLS1菌の効果を試してみましょう。

あなたにピッタリの乳酸菌サプリを見つけましょう

「便秘を治したい、お腹に不調を感じる、肌荒れがひどい・・・」

そんな腸内環境の悪化が原因でおこる症状に悩んでいる方には「乳酸菌サプリ」をオススメします。

腸内の乱れがカラダに及ぼす影響力は思っているよりもはるかに大きいので、乳酸菌を取り入れて元気な腸を取り戻しましょう。

⇒【2019年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

自分で言うのもなんですが、私の腸は最弱でした。

子供の頃から腹痛や便秘・下痢に悩まされていましたが、乳酸菌サプリを飲むようになって、ようやく人並みの腸を手に入れることができました。

でも、そんな自分だからこそ乳酸菌の素晴らしさに気付けたとも思っています。ぜひ菌のパワーを実感してみてください。