乳酸菌の種類

ビフィダム菌BF-1株の効果|胃の粘膜を増やしてストレス性の病気を抑える・胃ガン予防

ビフィダム菌BF1株

【ビフィダム菌BF-1株の特徴】

  • ヤクルトが独自に開発した、胃を守る強いビフィズス菌
  • 胃の粘膜につっくいて、むかつきなどの症状を緩和する
  • 胃の粘膜を増やすことで、刺激から胃を防御する
  • ストレスの影響を受けやすい胃を守る
  • ピロリ菌の働きを抑えることで、胃ガン予防にも効果がある

BF-1株には胃の健康維持に役立つ作用がある

ビフィズス菌のBF-1株は、医療現場で使われているヤクルト株を強化培養して、より体内での生存率を高められています。

特に「胃の粘液を増やす効果」に着目され、胃の健康維持に役立つように開発されています。

 

BF-1株が胃に入ると、胃細胞や胃の粘着性を作り出している「ムチン」という物質にくっつきます。

通常の乳酸菌やビフィズス菌もムチンへの接着性がありますが、BF-1株はより強くくっつくため、胃のむかつきや不快感を和らげる作用が強いのです。

 

また、BF-1株は胃の中のムチンを増やすため、胃の粘液が増えて胃を保護することに繋がります。

胃には食べた物がすべて通るため、細菌やウイルスなどの刺激が沢山あり、その刺激から胃を防御する働きが強くなります。

そうした理由があって、ストレス性の胃炎や胃潰瘍など、現代人がかかりやすい胃の病気を抑える効果があるのです。

ストレスを感じやすい人は特にBF-1株を摂ったほうがいい

胃は自律神経の働きを密接にかかわっているため、ストレスの影響を受けやすい器官です。

イライラしていると胃が痛くなることがありますよね。

ストレスを感じた胃が、一時的に胃酸を過剰に分泌してしまい、胃の粘膜が傷ついて痛みがおこります。

それが酷かったり頻繁になると、胃潰瘍という病気になることもあるため、ストレスを感じやすい人は胃を守る必要があります。

 

先ほどお話しした通り、BF-1株には「胃の粘液を増やして刺激から守る働きがある」ので、胃粘膜のガード力を高めて、ストレス性の病気を防ぐことができます。

私なんかは気にしがちな神経質人間なので、ストレスケアとしてBF-1株は欠かせません。

それでも強いストレスを受けたときは、胃が荒れなくても下痢になりますけどね(汗)

 

日頃からストレスで胃に不快感を感じている人は、胃の病気になる前にビフィズス菌BF-1株を摂るように心がけましょう。

BF-1株には、胃ガンの原因となる「ピロリ菌」の働きを抑える力があります。

ピロリ菌が出す炎症性物質の生成を抑制して、胃にガン細胞が増えるのを防いでくれるのです。

ほとんどの乳酸菌・ビフィズス菌は胃酸で死滅してしまいますが、BF-1株は酸に強く胃を保護してくれるので、BF-1株ならではの作用といえます。

あなたにピッタリの乳酸菌サプリを見つけましょう

「便秘を治したい、お腹に不調を感じる、肌荒れがひどい・・・」

そんな腸内環境の悪化が原因でおこる症状に悩んでいる方には「乳酸菌サプリ」をオススメします。

腸内の乱れがカラダに及ぼす影響力は思っているよりもはるかに大きいので、乳酸菌を取り入れて元気な腸を取り戻しましょう。

⇒【2019年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

自分で言うのもなんですが、私の腸は最弱でした。

子供の頃から腹痛や便秘・下痢に悩まされていましたが、乳酸菌サプリを飲むようになって、ようやく人並みの腸を手に入れることができました。

でも、そんな自分だからこそ乳酸菌の素晴らしさに気付けたとも思っています。ぜひ菌のパワーを実感してみてください。