乳酸菌の種類

クレモリス菌GCL1176株の特徴|カスピ海ヨーグルトのとろみを作る乳酸菌

クレモリス菌GCL1176株

クレモリス菌GCL1176株は、カスピ海ヨーグルトのとろみを作っている乳酸菌です。

健康効果が高いと知られているカスピ海ヨーグルトは、実はこのGCL1176株が入っているからこそなのです。

【クレモリス菌GCL1176株の特徴】

  • カスピ海ヨーグルトの元になっている乳酸菌
  • 高い整腸作用があり、便秘予防と解消に働く
  • 免疫力を強化する
  • アトピー性皮膚炎の改善になる
  • アレルギー症状や花粉症を緩和・予防する
  • コレステロール値を低下させる

カスピ海ヨーグルトに独特のとろみがあるのは、「クレモリス菌が牛乳の乳糖を分解して作る多糖が、網目状構造になっていてタンパク質成分と絡まる」ためです。

このヨーグルトはトロッとしてて面白いなぁ・・・と思ったときは、クレモリス菌が入っているかもしれませんね。

整腸作用が高くて便秘の予防や解消に役立つ

クレモリス菌GCL1176株には、ほかの乳酸菌よりも高い整腸作用が認められています。

カスピ海に近いソ連のコーサカス地方に100歳超えの長寿老人が多いのは、クレモリス菌の効果が関係していると言われています。

【GCL1176株を使った実験】

25歳~38歳の成人にGCL1176株で発酵させたヨーグルトを4週間にわたって毎日100g食べてもらいました。

すると、排便回数も便の量も増えたことが確認され、通常のヨーグルトよりも排便習慣の改善効果が強いことが分かりました。

アレルギー症状を緩和する

クレモリス菌GCL1176株が生成するネバネバした多糖は、アレルギー症状を緩和することが実験で分かっています。

アレルギー症状の出やすさを図る物質に「IgE抗体」があり、この数値が高いほどアレルギー症状が出やすい傾向にあります。

GCL1176株が作るネバネバ多糖には、「IgE抗体の濃度の上昇を抑える働き」があり、この数値の上昇を抑えられれば、アレルギー症状や花粉症の緩和や予防が期待できることになります。

GCL1176株が持っている効果は、「ヨーグルトの発酵段階で作られるネバネバした多糖」にあるものなので、この菌自体が「腸内に生きたまま届かないといけない」ようなことはありません。

また、牛乳の乳糖がネバネバ多糖の元になるため、サプリメントとしてはGCL1176株の効果を得ることはできません。

スーパーでカスピ海ヨーグルトを購入する場合は、「クレモリス菌」が入っているかよく確認しましょう。(1176株やFC株など)

あなたにピッタリの乳酸菌サプリを見つけましょう

「便秘を治したい、お腹に不調を感じる、肌荒れがひどい・・・」

そんな腸内環境の悪化が原因でおこる症状に悩んでいる方には「乳酸菌サプリ」をオススメします。

腸内の乱れがカラダに及ぼす影響力は思っているよりもはるかに大きいので、乳酸菌を取り入れて元気な腸を取り戻しましょう。

⇒【2019年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

自分で言うのもなんですが、私の腸は最弱でした。

子供の頃から腹痛や便秘・下痢に悩まされていましたが、乳酸菌サプリを飲むようになって、ようやく人並みの腸を手に入れることができました。

でも、そんな自分だからこそ乳酸菌の素晴らしさに気付けたとも思っています。ぜひ菌のパワーを実感してみてください。