腸内フローラ

お酒を飲みすぎると腸内環境は悪化する?|アルコールの分解による有害物質の分泌

お酒とアルコール

毎日缶ビール1本分ぐらいの摂取量であれば、じゅうぶん肝臓で分解できる量なので問題はありません。

ただ、お酒の飲みすぎは腸内環境を悪化させる原因になり、腸内の働きを低下させてしまうほか、下痢の原因にもなります。

 

アルコールは分解されると「アセトアルデヒド」という発ガン性のある有害物質が作り出されてしまい、腸を傷つけて炎症をおこす原因になります。

アルコールは胃では分解できないため、飲んだものは小腸に届くんですよね。

小腸でもアルコールの分解や吸収が行われているため、お酒を飲みすぎると腸内フローラが乱れてしまい、腸内の働きが低下してしまいます。

アルコールは腸からしたら「刺激物」なのです。

 

また、アルコールをとりすぎると脱水症状を起こしてしまい、大腸で水分を吸いきれずに下痢の原因となります。

ウンチは水分が吸収されて固形化されますが、アルコール分が多いと水分が残ったまま排泄されてしまうため、飲み会の翌日に下痢をしてしまう・・・といったことが起こります。

お酒は飲みたいけれど腸も守りたい

とはいっても、普段から晩酌をしていると中々お酒を減らせませんよね。

私も毎日のようにチューハイを飲んでいるので、カラダに悪いから辞めろと言われても難しいのが現状です。

ただ、腸に届くお酒を薄めることで負担を減らすことはできます。

そのため、「お酒を飲むときは水も一緒に」を心がけていれば、腸を守ることができます。(完璧ではないけれど)

腸対策としては、お酒と同量の水を同時に飲むことがオススメで、時間が空いてしまうと「アルコール分を薄めることができない」ため意味がありません。

また、「お酒と水をたくさん飲むと下痢しちゃうんじゃない?」と懸念されるかもしれませんが、アルコールには利尿作用があるため問題はありません。(あまりに量が多い場合は別だけど)

ただし、水の温度がキンキンに冷えていると「お腹を冷やしてしまい下痢になる」ので、なるべく常温に近い方がよりいいですね。

お酒と水を一緒に摂れば、尿でアルコールがたくさん排出されるため、二日酔いになりにくいメリットもあります。

体内にはなるべくアルコールを残さない様に気を付けましょう、「お酒を飲むなら水も飲む」、ですね。

あなたにピッタリの乳酸菌サプリを見つけましょう

「便秘を治したい、お腹に不調を感じる、肌荒れがひどい・・・」

そんな腸内環境の悪化が原因でおこる症状に悩んでいる方には「乳酸菌サプリ」をオススメします。

腸内の乱れがカラダに及ぼす影響力は思っているよりもはるかに大きいので、乳酸菌を取り入れて元気な腸を取り戻しましょう。

⇒【2019年】乳酸菌サプリおすすめランキング|便秘改善・効果比較

自分で言うのもなんですが、私の腸は最弱でした。

子供の頃から腹痛や便秘・下痢に悩まされていましたが、乳酸菌サプリを飲むようになって、ようやく人並みの腸を手に入れることができました。

でも、そんな自分だからこそ乳酸菌の素晴らしさに気付けたとも思っています。ぜひ菌のパワーを実感してみてください。